なぜ病院の薬が通販で買えるのか

薬の種類によっては市販薬と処方箋がないと買えない薬の2分化されています。
これはこれは法律によって決められています。
しかし、医療用薬品には処方箋がなくても飼える薬が実際には多く存在しています。
それが、病院の薬を通販で買える理由です。
もちろん、使用には自己判断によりますが、病気の状態が安定していて医師の判断が必要ないような常備薬に関しては通販で購入しても問題はないです。
薬局で売られていない湿布薬などいい例です。

またクリニックによっては、風邪ならいつも市販薬にはない「この薬」を処方してくれてよく効くとか、自覚症状が明確な膀胱炎ならこの抗生剤を出すとわかっていれば、わざわざ処方箋を書いてもらいにクリニックを尋ね何時間も費やさなくても、常備薬として持っていられたら、症状の出たときすぐに服用できるからです。
炎症を抑えたり、解熱剤・痛み止めはあっても抗生剤は市販薬にはないはずです。

また、発症してからでないと処方は書いてもらえないです。
危ない伝染病のある外地に行くような場合に、症状が出た場合に服用できる薬を持参できると安心です。
ただし、保険適用にならないので、割高感はありますが、薬によっては安く販売しているものもあります。