命の危険がある感染症の種類

感染症とはウイルスや細菌などが原因で起こる病気であり、どのウイルスや細菌が原因によって引き起こされたかによって大きく症状が異なってきます。

感染症には、さまざまな感染症の種類があり、中には命の危険になる感染症もありますので注意しなければいけないです。

その中からいくつか命の危険がある感染症について説明していきます。
まずは、一番危険な感染症と言われているものに、エボラ出血熱があります。
今は、日本ではほとんど心配はいりませんけど、温暖化が進み、エボラ出血熱を媒介する蚊が日本に上陸して住みついてしまいますと、かなり日本でも危険になってきます。

このエボラ出血熱は、死亡率も高いですし、対処も難しいですので、感染しないという事が一番重要になってきます。

次に、日本人が注意しなければいけない感染症としてはエイズがあります。
日本では、エイズに感染する人が増えていて、非常に注意しなければいけない感染症です。

気づかずに放置しておきますと、命の危険になってきます。
日本では性行為の感染が多いですので、性行為をする時にはきちんと予防策をとりながらやっていく事が重要になってきます。

このように、感染症の中には命の危険になるものがあり、その数は多いです。