幽門前庭部の感染症はバルトレックスで対処する

ピロリ菌は重大な症状を引き起こす可能性がある感染症の原因です。幽門前庭部で多く見られる感染症に鳥肌胃炎があります。鳥肌胃炎では、皮膚のように見える鳥肌のように胃の粘膜に均一な結節状隆起が密集しています。幽門前庭部を上部消化管内視鏡検査によって調べることができます。かつて鳥肌胃炎は若い女性の生理的な現象とされましたが、最近では若い世代だけでなく子どもにも感染が広がっています。この感染症は消化性潰瘍や胃がんに発展するなど、幽門前庭部から患部を広範囲に広げるので治療が必要です。ただの胃炎と考える人も多いですが、ピロリ菌は感染することで胃粘膜が傷つけられます。ピロリ菌は酵素ウレアーゼと胃の中の尿素が反応して、アンモニアを発生させます。すると直接粘膜が攻撃されたり、ピロリ菌から胃を守ろうと生体防御反応を起こすので、炎症になります。ピロリ菌は投薬療法によって除菌が可能です。除菌できる薬の種類は、人それぞれでバルトレックスを使うこともあります。バルトレックスは抗菌力の高い薬です。さらに胃の分泌を抑制して抗生物質の作用を高める薬や、様々な最近の発育を抑制する薬を組み合わせることで高い効果を発揮します。バルトレックスと別の薬をそれぞれ1錠ずつ朝夕服用すると、早い場合で1週間でピロリ菌を除去できます。一方でピロリ菌は除去する過程で、副作用を感じる人も多いです。抗菌作用によって腸内環境まで影響を受けると下痢になります。下痢が続くこともありますが2日~3日程度で快方に向かいます。ただし血便が出た時はすぐに病院に行きます。さらに胃酸の分泌が回復するので、逆流性食道炎になることがあり、必要に応じて胃酸分泌抑制剤を使います。