性病検査する施設と結果までの時間、バルトレックス

ヘルペスウィルスの有無の検査は、抗原検査と抗体検査の2つに分けられています。
抗原検査は、水ぶくれや潰瘍を擦りとって調べる方法です。即日検査の結果は、15分くらいの時間でわかります。
抗体検査は、血液を採取して、ヘルペスの抗体を検出して感染状態を調べる方法です。結果がわかるまでには5日ほど時間がかかります。
ただし、即日で結果がわかるのは、病院の自費診療による検査です。保険診療では即日には結果がわかりません。再来院した時に結果が伝えられます。自費診療の場合には、Webや電話で結果を聞くことができる病院もあります。
抗原検査は症状が出ている時ならばいつでも調べられますが、抗体検査は思い当たる行為から1ヶ月以上たった後に検査可能になります。
検査を受ける施設ですが、泌尿器科、婦人科、性病科、などの医療機関が確実です。保健所などの施設では性病検査を無料でやっていることもありますが、ほとんどがエイズの検査で、ヘルペスは実施していないこともあります。施設に行く時間がない人には、検査キットを購入して、検査施設に郵送して結果を教えてもらえる方法もあります。
どの施設を利用するにしても、思い当たることがある時には、早めに検査を受けて感染を拡大させないようにしましょう。
感染リスクを抑えられる薬には、バルトレックスがあります。ヘルペスウィルスの増殖を有意に抑える薬で、再発を防止することでウィルスの勢力が広がらないようにすることが出来ます。
ただし、バルトレックスを飲んでも体からヘルペスウィルスがいなくなるわけではありません。症状がおさまった後でも、ヘルペスウィルスは神経細胞に潜んでいます。
バルトレックスを適切に服用すればQOL(生活の質)の向上が望めるというメリットがあります。